REPORTS

Prosum REPORT v11

レポート画面では検査履歴やレポートを参照した新たなレポート作成ができます。 また、PACSからKey画像を登録して画像データとテキストデータの一元管理を実行します。 作成されたレポートは画像データと共に、放射線科から他科へ読影結果としてあるいは特殊症例や学会用資料として活用します。

REPORT

主な機能

  • 定型文による所見入力機能でレポート作成時間を短縮します
  • 音声による所見入力と確認でレポート作成を軽減します
  • Key画像の張り込みをワンクリックで行います
  • レポート書式は運用に合わせたカスタマイズを行います
  • 作成したレポートはWebにて他科で参照できます

Prosum Teaching

Prosum REPORTからティーチング・ファイルを登録し、症例として管理できます。
研究・学会を目的とした情報収集や、教育・学習のための情報共有など、様々なシーンでご利用頂けます。

Teaching

主な機能

  • Teaching File から照会状を作成する事ができます
  • Teaching File を学会用として、まとめてファイルに出力する事ができます

Prosum Mammography Report v3

Prosum マンモグラフィレポートv3は、読影レポート作成手順を構造化して乳がんの診断精度向上及び医師の負荷軽減を実現します。 マンモグラフィガイドライン(NPO法人マンモグラフィ検診精度管理中央委員会)に準拠しており、 2005年グッドデザイン賞を受賞した「Prosum マンモグラフィレポート」に、検診マンモグラフィ読影認定医師の求めを新たに加え「Prosum マンモグラフィレポートv3」として機能と操作性をより充実させました。医師の読影集中と簡便でありスピーディーなレポート作成を提供します。

Mammography

主な機能

  • 視触診検査ではペンタブレットモニターから簡便に入力を行います
  • 一次・二次・総合読影をサポートします
  • 簡便なシェーマ作成機能搭載
  • 乳がん検診モードにより、スピーディーな読影が可能
  • レポート書式は運用に合わせたカスタマイズを行います
PRS

ペンタブレットモニター詳細 → 株式会社ワコム

Prosum Brain Dock Report

Prosum 脳ドックレポートは脳ドックガイドラインを参考に、読影レポート作成手順を構造化し、脳ドックにおける診断精度向上及び医師の負荷軽減を実現します。

Brain Dock

主な機能

  • 選択式による簡便なレポート作成
  • 定型文による簡便な所見入力
  • レポート書式は運用に合わせたカスタマイズを行います

Copyright © 2016 Mediotech Co.,Ltd. All Rights Reserved.